2008年08月08日

朝日のあたる家@富良野

P1170860.JPGP1170862_.jpg

ちょうどいい時刻になったのでこのあとはお昼ご飯にしました。今、富良野でご飯といったらやっぱりカレー。なんでもカレーの材料がすべて富良野産でまかなえるために町おこしの一環としてカレーをプッシュしているわけです。特にその中でも「富良野オムカレー」ってのがBー1グランプリにも出品されるほど、力を入れているわけです。そこで今回もそのオムカレーをいただこうと「朝日のあたる家」というお店に来ました。このお店、富良野の中でもリゾート地化されたあたりにあります。実は僕はあまりこの辺りに来たことがなかったので、あまりの発展ぶりに少し驚きながらお店を探しました。お店に着くと中には4人連れの家族が待っていました。なので並んで待つこと30分。えらい時間がかかってからようやく僕らの番になりました。店内は20人くらいで一杯になるくらいの規模な上に、キッチンに至ってはどうやらコンロが1個しかないくらいの小規模なお店で回転がすごく悪いことがわかりました。そしてさらに20分ほど待ってからようやく待望のオムカレーとご対面です。待ったかいあって、実においしかった。カレーにコクがあるだけでなく、玉子のふんわり感との調和がなかなかのもの。さらに付け合わせで来た牛乳が濃くておいしかった。ほんと、待ったかいはありました。ごちそうさまでした。

posted by hasedon at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。